WEBLOG - chronogram architect studio 海を眺める家(3) インテリアその1
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インテリアは「海のリゾート地」を意識した外観とは趣が変わって、木のぬくもりのあるフレンチ・カントリーの雰囲気でというご希望で、素地の木やロートアイアンの小物でまとめました。
建物内部は素材選びも大事ですが、景色の取り込み、時間の移ろいや風の流れなど「心地良さ」も非常に大事です。
いくつか内部の写真をご紹介いたします。
当事務所のホームページの紹介ページもご覧ください。>>>こちらです!

1階の主寝室から玄関ポーチ奥のテラスに出れます。通風採光型シャッター付きなので、防犯性をキープしながら、光と風を取り入れることが可能です。
枕元のニッチは飾りコーナー。単独でON・OFF可能な読書灯が組み込んであります。
海を眺める家0051

主寝室からはデスクコーナー越しにバスルームが見える様になっており、さらに出窓奥の庭が見通せる様になっております。デスクコーナー上の吊り戸棚の中央上にはエアコンが取り付けておりますが、木パネルで隠してあります。
海を眺める家0061

3階リビングはテレビを壁掛けにして、配線や機器の納まりに気を使いました。
海を眺める家0021

3階のバルコニーは室内の床面から50センチほど高くし、海が少しでも良く見えるようにいたしました。
海を眺める家0031

続きはまた後日。。。

Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/98-029b7507