WEBLOG - chronogram architect studio 海を眺める家(1)
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年明けましておめでとうございます。何卒、本年も宜しくお願いいたします。

新春第1回目は 「海を眺める家」 です。
神奈川県横須賀市の小さな港から少し上がったロケーションで、海側にはお隣の家が建っていますので「どの部屋からも海が一望」という訳にはいかなかったのですが、2階のキッチン・ダイニングと3階リビング、そして屋上からは海が望めます。特に屋上は360度の眺望を楽しむために造りました。施主のS様は「海の景色と時間の移ろいを楽しみながら暮らしたい。」というご要望を叶えるべく、建築家ネットワークの株式会社アーキテクツ・スタジオ・ジャパンを通じてご依頼を頂きました。(施工:ASJ湘南スタジオ-日本住研株式会社)
S様へ:プランから実施設計、そして工事途中などの各段階において、お客様にも試行錯誤を重ねて頂き本当にありがとうございました。この場を借りまして御礼申し上げます。

北側の道路からのファサードです。1階紺色の門型部分が玄関ポーチ兼、ハンモックで涼しむ場所(その1)です。
2階のサッシのついていない開口部分がインナーバルコニーで、山の眺望が得られる、ハンモックで涼しむ場所(その2)です。3階右側に西方向の海と富士山を眺めるバルコニーがあります。
海を眺める家0101

海を眺める家0111


玄関ポーチ兼ハンモックで涼しむ場所(その1)のアップです。壁で囲まれた空間ですが、正面シンボルツリーの奥の壁は下側を70センチぐらい開けており、お隣の家の駐車場を通して海が見えて風が抜ける構造になっています。
海を眺める家0081


アプローチ脇は植え込みとポスト・インターホンを設けたポールがあります。
海を眺める家0071


バスコートはウッドフェンスで囲み、入浴時はライトアップされた緑が見えてほっこり出来ます。主寝室のバスルーム側に設けたFIXガラスからもバスコートが見える様な構造になっております。これもご主人様のご希望でした。主寝室からのビューは次回にUPいたします。

海を眺める家0091


今回は外観・外回りをご紹介いたしました。内部や眺望は次回以降に掲載いたします。
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/96-b6aec4c2