WEBLOG - chronogram architect studio 空間のひろがり
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内部空間と外部空間を段差等をなく、一体的につなげる事で広く明るい空間を得ることができます。

P1000553-1.jpg

 通常の引き違いサッシでは、開口部の半分しか開放できませんが、全開放サッシを使用する事で
、より連続性のある空間となります。

写真0730

3.jpg

 外部空間をプラスαな明るい居住空間と考え、空間つくりに取り入れております。
(スタッフ:高橋)

Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/9-505eaf33