WEBLOG - chronogram architect studio エア・ボックス(1)
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月日が流れる間に、新しい住まいが着々と竣工しています。
だいぶ間隔が空いてしまいましたが、本日ご紹介するのは杉並区のエア・ボックスです。

nm1
外観は、洗練された直線と方形のデザインでまとめました。
サッシのダークブラウンがファサードにメリハリを効かせています。さらに、一階部分をタイル貼りとする事で、白いボックスが宙に浮いたようなデザインとなっています。
建築物がスッキリしていると、植栽も一層引き立ちます。上へ向かう仕草が印象的なこの樹木が、もっと大きくなって建築と一体化するとき、また違った魅力をもった外観になるに違いありません。

nm2
三連窓が印象的な外観ですが、この窓を3つとも外壁より引っ込ませることで、さらに”ボックス感”が際立ちます。「サッシが3つ」ではなく、「ひとつのくぼみ」として見せているためです。
通常のサッシの取付け方では、サッシ自体のでこぼこ・様々な線が外壁に浮き出てしまい、このようなスッキリとした印象にはなりません。

nm3
内観はこのように、吹抜けが大きくとられ、室内を自然光が明るく照らしています。
この吹抜けの他にも、明るく・風が通るようにいくつもの工夫がなされています。

次回は、そのこだわりの内観をご紹介いたします。(スタッフ:瀬畑豪)
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/74-0622fdb3