WEBLOG - chronogram architect studio 暖炉を囲む家(2)
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにブログの更新をいたします。前回は5月の記事でした。4ヶ月も間を空けてしまいました。
住宅版エコポイント、ローン減税、土地安などの影響からか多くのお施主様からご依頼を頂き、春先から夏までスタッフ共々設計の仕事に集中をしており、ブログ更新から遠のいておりました。

さて本題ですが、前回に引き続き暖炉を囲む家のご紹介です。

和室、主寝室、玄関ホールから眺められる中庭です。和室の前でもあるので水鉢、飛び石などで和テイストの設えをしてあります。奥のタイル貼り部分には、小さなテーブルと椅子を置き、玄関先での来客応対をしたり、夏の暑い時などのお茶タイムに使用します。
敷地境界際の緑が眺められ、風が通る様に写真左側の白い大きな壁の下70センチ部分は横長の開口としています。


リビングは建物の北側に配置してある為高度斜線がキツく掛かっておりますが、勾配天井を活かし間接照明やハイサイドライトを設け昼間の採光や夜のくつろぎ空間、テレビやソファのセッテイングなど設計段階で検討に検討を重ね特徴的な空間に仕上げました。バルコニーとその先の中庭空間とは全開口サッシで結んでいるため、非常に高い開放感が得られます。写真中央には50インチ超のテレビが壁に掛けられいます。
6650_chro_04.jpg

玄関ホールは大理石の床、製作家具のシューズボックス、スケルトン階段が一体となってあまり主張はないが、きりっと引き締まった白い空間になりました。非日常的な空間もシューズボックスの上に飾った花や絵が少し柔らかい印象を与えてくれているのではないかと思います。小物使いでも空間の印象が大きく変わったりします。
6650_chro_階段_01

まだまだご紹介したい写真がありますので第3回目も予定しております。ご期待ください。今度はなるべく短期間の内にご紹介したいと思っております。(所長:葛原)
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/72-1524823d