WEBLOG - chronogram architect studio 間取りのセオリーに対する疑問(2)
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供部屋について

私共に設計依頼されるお客様も、ほとんどの方が子供部屋を求められます。
そして多くのお客様から「子供部屋は出来るだけ広く、6畳は欲しい。」というご要望を頂きます。
それは、いつの場合でも最適解といえるでしょうか?
子供部屋には一般的に
クローゼットがあり
勉強机と本棚があって
ベッドがあります。
ですが・・・
この勉強机が部屋から出て、リビングに来たら・・・。
全ての部屋の本棚が家の一箇所に集まって、図書コーナーが出来たら・・・。
子供部屋は最小限に抑えられ、家族みんなのスペースが増えます。
会話もはずんで、家族で過ごす時間が増えるかもしれません。
このような考え方も、間取りを考える上での楽しみのひとつであり、
選択肢の一つではないでしょうか?(スタッフ:瀬畑)
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/7-de9c6bba