WEBLOG - chronogram architect studio 天井のデザイン
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天井は高くて、なるべく何も付けない様にするのが綺麗です。
天井に付いてしまうもの
照明器具
火災報知器
天井埋め込みエアコン
シーリングファン
などで機能的には必要なものですが、努力と工夫でなんとか天井には何も付けない様にしましょう。
・照明器具は壁付けタイプの物か、蛍光灯(出来ればLED)を隠して間接照明にすると良いでしょう。
・火災報知器は法的に義務付けされていますが、東京の場合は天井から15~50cm以内であれば壁に取り付ける事も可能です。
・天井埋め込みタイプのエアコンは壁掛け(出来れば壁埋め)にすればOKですね。
・シーリングファンは空気をかき混ぜ風を起こすのに優れていますが、あまり綺麗ではありませんので、エアコンの送風機能で代用します。
これらは壁に出てくる事になり「せっかくの綺麗な壁に器具がついて美しく無い!」ということになってしまうのももちろんNGですので、壁・天井どちらを優先するかは難しいのですが、検討無しで無条件に器具を天井に付けてしまうのだけは避けましょう。(所長:葛原)
天井
目黒区のM邸-ハイサイドライト(高窓)と勾配天井が特長的です。
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/5-3f6c1fc9