WEBLOG - chronogram architect studio バリードライト
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
照明計画をする際に、私たちはバリードライトを用いることがあります。
バリードライトとは、床や地面に埋め込む照明のことで、下から上を照らします。実用的な灯りというより、主に演出用としての灯りとして使われます。

照明の主な役割には、部屋を明るくすること、手元を明るくすること、といった実用的な役割があります。しかし、少し視点を変えてみると、空間に陰影をつける、画期的なアイテムです。
ただ機能的に灯りを配置するよりも、石の壁を照らしたり、樹木を下から照らすことで、その光と影が空間を演出してくれます。
そのような場合に、バリードライトはとても効果的です。電球タイプ、蛍光灯タイプ、LEDタイプ、屋外用、室内用と、最近では種類も豊富になってきました。
ご予算に合わせて、アクセントにひとつだけバリードライトを設置するだけでも、空間を劇的に変えることが出来るのではないか、と私たちは考えています。(スタッフ:瀬畑)

b1.jpg
b2.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/33-29689566