WEBLOG - chronogram architect studio 吹抜け
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.25 吹抜け
住宅を設計するにあたって、吹抜けを設けることは、たくさんの効果を暮らしにもたらします。
上下の階をつなぐ吹抜けは、空気の流れを作る効果があります。吹抜けを介して空気が上下に流れ、空気が一箇所にとどまらずに家の中を循環することは、私たちと、家そのものの健康を保つことに役立ちます。
また、吹抜けは視界を広げる効果があります。視線の先に吹き抜けがあり、そこに窓があると、その先の空へ視線が動きます。視界が広がり、空が見える住まいは、目にも心にも優しい住まいだと考えています。

吹抜けを計画するとき、場合によっては床面積を少し削ることになってしまうかもしれません。
しかし、それ以上に吹抜けの効果が期待できる場合もあります。新しく住まいづくりをはじめられる方は、吹抜けのある生活を、少し想像してみてはいかがでしょうか。(スタッフ:瀬畑)

吹抜け3
1階から3階まで続く吹抜けが、住まいに空気や視線の流れをつくります。

吹抜け2
吹抜け1
住宅街の中に建っていても、吹抜けの窓が切り取る空は自分だけのものです。
Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/25-c1c92c8d