WEBLOG - chronogram architect studio 視線計画
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.13 視線計画
プランニングをする際に法規制やご予算、お部屋数などの他に重要な事のひとつに「動線計画」が挙げられます。

が、それはある意味常識ですね。

当事務所では合わせて考慮していることのひとつとして「視線計画」という考えを取り入れております。

道路から玄関までアプローチしていく時、玄関ドアを開けた時、階段を登り降りしている時、食事している時、キッチンに立っている時など様々なシーンで見て楽しい、飾り付けが出来る、季節を感じるなど空間に安らぎや落ち着きなどが生まれ、機能性だけではない空間造りに役立つと考えております。(所長:葛原)


IMAGE003.jpg
収納を上を飾り付けが出来るカウンターとし、窓からの光も取り入れて玄関の印象
を高めています。

IMAGE002.jpg
北側のキッチンに立つと南側のテラスと吹き抜けから降り注ぐ光が見えて広がり
や時間の移り変わりが感じられます。

IMAGE004.jpg
玄関ドアを開けた瞬間の第一印象は非常に大事です。正面は中庭の緑が綺麗
に見れる大きなFIX窓にしてあります。

IMAGE000.jpg
階段を移動中でも何かアイポイントがあると楽しい空間になります。

IMAGE001.jpg
階段室の吹き抜けにガラスのショーケースを設け、リビングからも階段からも飾っ
たものが見えるようにいたしました。

Secret

TrackBackURL
→http://chronolog.blog83.fc2.com/tb.php/19-f63ec8f9