WEBLOG - chronogram architect studio 2013年10月
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回に引き続きまして、「角地に建つ家」の内観編です。

採光のためには窓面を広く、幹線道路の騒音対策には窓を少なくという相反する条件のバランスを考え構成をいたしました。
写真0051

写真0061

キッチンは冷蔵庫も含め背面カウンターや収納はガラス引き戸「モデナ」で隠すことができますので、対面式のオープンなキッチンでありながらリビング、ダイニング側からはすっきりとした見え方になります。
写真0071

最近は当たり前の対応になりつつある壁掛けテレビ対応。機器の配線はすべて隠せる様に設計しました。
間接照明と収納の機能も合わせて設計した造り付けAVボードです。
写真0001

ご主人のオフィスはコンパクトで機能的な空間です。
写真0041

玄関ホールから階段を見ると防犯性を考慮した横長小窓がアクセントになりました。
写真0031

玄関収納はシューズインクロークになっています。靴以外のものもたっぷりと収納出来ます。
T-RESIDENCE00600.jpg