WEBLOG - chronogram architect studio 2012年02月
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅の設計は、ご相談のご連絡をいただき、敷地に関する情報を送ってもらいます。
そのあと下調べや現地を拝見してお客様と初顔合せとなります。

そのお打合せの席で、お客様から設計条件を伺います。

構造規模、ご家族構成、部屋数、各室の広さなど間取りを組み立てる際の基本情報から始まり
水廻りの条件やキッチンの条件などなど、色々な条件を伺います。
(もちろん、ご予算やスケジュールも)
そして、ひと通りお伺いした最後に「他にはもうご希望の点はございませんか?」と伺い終わります。
後日、平面プラン、断面図、面積表に最近は3D(イメージパース)を作ってプレゼンテーションいたします。

やっとここで本題。何を言いたいのかと言いますと。

お客様は初顔合せのヒアリング時にもっともっと

「こんな暮らしをしたい!」とか

「こんな空間にしたい!」など

夢を語っていただきたい!ということです。

ここで例えば・・・などと書くは野暮だと思いますので、止めておきます。十人十色だと思いますので。

本当にどんな事でもいいのです。敷地条件、ご予算、費用対効果、技術的に可能かどうか?など検討して我々造り手側が一生懸命考えます。中には実現不可能もしくは無理がある様なことかもしれませんが。

言うだけタダなんです。注文住宅なのです。夢ではなくて実現可能な事かもしれないのです。

ちょっとお願いなのですが・・・
そのような大胆なご要望は何卒お早めにお聞かせください。プランを煮詰めてからですと出戻りで結構大変!


お客様から初対面の人間に言い難い面もあると思いますので、言いやすい雰囲気作りが非常に大事だと思っております。