WEBLOG - chronogram architect studio オープンハウス
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日と明日8日にオープンハウスをさせて頂いているお宅の写真をアップいたしました。
お昼までに6組のお客様にお越し頂きました。

リビングの間接照明とハイサイドライト、勾配天井が特長です。


外観はシンプルなフォルムと壁から奥まった窓、駐車場に跳出した建物ボリュームが特長です。
P1020656.jpg

キッチンの上はロフト空間です。LDK全体が勾配屋根の吹抜け空間です。
P1020660.jpg

明日まで開催中です。(11時から5時まで)ぜひ、御立ち寄り下さいませ。
詳しくは設計集団プラスのホームページをご覧下さい。
http://www.sekkei-plus.com/news.html#091030
オープンハウスレポートの続きをお届けします。
テーマはキッチン周辺の空間についてお伝えしたいと思います。


キッチン
ホワイトのモザイクタイルを基調としたお施主様こだわりのキッチンカウンターです。
作業台より高く作ったカウンターが、ダイニング側からは手元を隠し、
キッチンをスッキリと見せてくれます。


ガスコンロ
天面操作のガスコンロなので操作が楽に出来ますし、パネル部分をスッキリ見せることが出来ます。
フラットな五徳で鍋が安定し、4口ガスコンロが料理の手際を更にアップさせてくれそうです。


LDK
キッチンに立った時、リビング、ダイニングを見渡せ小さなお子さんが自由に遊んでいても安心です。
また、向かい側の壁には間接照明が組み込まれ、夜になると昼とはまた違う落ち着いた雰囲気を醸し出します。時には、お気に入りの音楽を聴きながらグラスを傾けるなど、
ゆったりとした時間を過ごしていただけるのではないでしょうか。(スタッフ:生板)
10月11日、12日の2日間で行われた「南馬込のいえ」のオープンハウスには、数多くのお客様に足を運んでいただくことが出来ました。

これから、家を建てようと思っているお客様、実際に設計集団プラスに設計依頼中のお子様連れの若いご夫婦、近所だからと遊びに来ていただいた方や、以前設計集団プラスで家を建てたお客様、通りかかったら綺麗な家が出来ているからと、ちょっと寄ってみたという近所のお兄さんなど、さまざまなお客様とお話をさせて頂くことが出来ました。

ka1.jpg

その中で、どのお客様からも頂くことができたのは、
「明るい、風が通る」
といったお言葉でした。

ka9.jpg

ka7.jpg

2階の2部屋は間仕切りを開けると完全な一室空間になり、南面にとられた4つのまどから、部屋全体に光が行き届きます。
北側に設けられた階段室や書斎の小窓から風が逃げるために、窓を開けるとすぅーっと風が通るのが感じられました。

ka10.jpg

1階のリビングにも、風通しの工夫がしてあります。それは、下の写真の右側の壁にあります。
ka14.jpg
高い位置に設けられたガラリが、窓からの風の逃げ道になっています。その後、風は洗面室へ抜け、更に外へと流れています。
ka15.jpg

このほかにも、さまざまな工夫や、お施主様のこだわりが、様々なところにつまっていて、とても魅力的な空間となっています。一回では伝えきれないため、この「南馬込のいえ」のオープンハウスのレポートは、これからも何回かにわけてご紹介させていただきます。どうぞご期待下さい。

また、ホームページのWorksのページにも近々掲載しますので、そちらも併せてお楽しみください。
(スタッフ:瀬畑)
今日、明日開催中のオープンハウスの写真です。

「外部空間との関わりを考えた家」

リビング・ダイニングと一体となるウッドデッキテラスではテーブルと椅子が置けて、本格的なアウトドアダイニングとして機能します。デッキと室内を結ぶテラスサッシは全開口サッシを選択しました。晴れた穏やかな日には室内外の隔たりが無くなった、明るく広々した空間に変化します。夜はテラスや室内の間接照明が安らげる空間へと変化します。
20091011000.jpg

2階は主寝室の隣りにガラスパーティーションで区切れるセカンドリビングがあり、どちらも天井が高くハイサイドライトからの陽光が差し込む明るい空間です。広い空間を活かすためパーティーションの上は透明ガラスで仕切り、視覚的に天井を連続させました。
20091011002.jpg

道路側の大きなFIX窓は外観デザインの面でも、すっきりとした印象をもたらすアクセントになりました。
20091011003.jpg

特注家具で製作した洗面台です。
20091011001.jpg


空間を広く使う工夫や外部空間と連続性、視覚的な広がり感を是非体感して下さい。
詳しくはこちら 設計集団プラス